インナーチャイルドの癒し

 インナーチャイルドとは、「内なる傷ついた子ども」のこと。子どもの頃、家族や周りの人たちとの関わりの中で辛いと感じた出来事により、傷つき、怯えたまま記憶の中に留まっている子どもの自分自身を癒す。年齢退行療法の中で行うことも多い。

 

< 必要とされる方 > 

 辛かったことやトラウマとなった出来事がある、愛情不足、認めてもらいたいという気持ちが強い、孤独感が強い、スキンシップが苦手、人間関係がうまくいかない、親子関係で葛藤がある、お金に関する問題を感じる…など。

 

※ 全ての方法は、催眠下で行います。

※ 1つの療法のみ行うこともあれば、組み合わせて行うこともあります。