胎児期退行療法

 バーストラウマを癒す。「バーストラウマ」とは、胎児期に受胎前→胎児期→誕生時→誕生後数か月の間に受けたトラウマ(外的要因によって、肉体的・精神的な衝撃を受けた後、長い間それにとらわれてしまう状態)のこと。例えば、妊娠中や出産後の母親の精神状態が不安定だった。母親が子どもを望んでいなかった。父母が、アルコールや煙草、薬物を常用していた。出産後、すぐに母親から離された。仮死状態で生まれた…など、原因は様々。

 

< 必要とされる方 >

 説明のできない深い不安感や孤独感、孤立感、悲しみがある…など     

 

※ 全ての方法は、催眠下で行います。

※ 1つの療法のみ行うこともあれば、組み合わせて行うこともあります。