· 

間違っていた

 昨日のセッションで、クライアントさんが前世から引き継いだものが、今世の生きる目的や使命にしっかりと結びついていらっしゃったことを実感しました。そして今日「君の名は。」のDVDを観ました。昨夏映画館でも感じたことですが、これを観ると私の意識が別の次元(過去世?)に飛んでいくような…懐かしい記憶のカケラが頭の奥でチリチリと鳴るような…そんな自分を感じます。

 

 だからかな。私は1つ大きく間違った選択をし続けてきたことに気付きました。ずっとずっと前に約束して、今世その約束を果たそうとしてくれた人の手を、今世の私が今まで振り払い続けてきたことが間違っていた、ということに。…ううん、「間違っている」って、本当はもう何年も前から知っていました。でもそれを認めたくなかった。後悔したくなかった。だから…まだ私の心の端っこで少し葛藤しています。

 

 ただ、間違っていたことが「間違っていなかった」とも思うのです。間違った選択をしたからこそ、今に繋がる出逢い・御縁・体験・思い出がある。私にとって本当にかけがえのないものばかり。それらに「偽り」も「間違い」もないのです。

 

 もう少し葛藤したら、私の中で何か変わるかな。